品川近視クリニックの評判「レーシック失敗が不安なあなたに!」

品川近視クリニックは施術メニューが多すぎる?!

 

品川近視クリニックには、いろいろな施術メニューが
用意されているのですが・・・

 

「施術メニューが多すぎて分かりにくい!」
「いったいどの施術メニューを選んだらいいの?」

 

これが普通の人の反応ではないでしょうか。

 

 

そこで、あなたがレーシックを受けるときに、
どの施術メニューを、どういう根拠で選べばいいのかを、
3つのポイントに絞ってご説明します。

 

 

 

 

標準で「長期保障」がついている施術メニューを選べ!

 

例えば、品川近視クリニックの最高級メニューである
「アマリス750Zレーシック」の場合、「10年保障」
標準でついています。

 

 

保証内容は・・・

 

  • もし、視力が低下した場合でも再矯正が無料で受けられる!
  • もし、眼の調子が悪い場合には検診が無料で受けられる!
  • もし、不安に思うことがあれば電話・メールによる相談を受けられる!
  • もし、目薬・内服薬が必要になった場合でも無料で処方してもらえる!

 

 

もし、レーシック後に調子が悪くても、
しっかり面倒を見ますよということです。

 

 

考えてみていただきたいのですが、、、

 

もし、レーシック後に調子が悪い患者さんが続出して
しまったら、再矯正手術や診察などをひとりひとりに行うために、
かなりの「時間」と「経費」がかかってしまいますよね?

 

 

つまり・・・

 

 

「長期保証」を付けるということは、実際には
調子が悪くなる患者さんはほとんどいないという
自信があるからこその「長期保証」なんです。

 

 

「アマリス750Zレーシック」に標準で付いている「10年保障」は
品川近視クリニックの自信の現れなんです。

 

 

安全・安心にレーシックを受けたいのであれば、このような、
クリニックが絶対的な自信を持っている施術メニューを選ぶべきです。

 

 

感染症のリスクが低い「非接触」の施術メニューを選べ!

 

レーシックでは、角膜表面の薄膜を円形にカットして、
「フラップ」と呼ばれるフタを作ります。

 

 

以前は・・・

 

 

この「フラップ」を作成するのに、「マイクロケラトーム」と
呼ばれる、刃物が付いた金具を用いていました。

 

刃物を眼球に押し当てて、医師が手作業で
角膜の表面をカットしていたんです。

 

 

この方法だと、眼球に器具が直接触れたり、
医師の手が眼球に触れたりするので、バイ菌が
角膜内部に入り込みやすくなります。

 

 

しかし・・・

 

 

例えば、「アマリス750Zレーシック」などの最新の施術メニューでは、
フラップの作成は、コンピューター制御のレーザー機器で
自動化されています。

 

 

つまり、眼球に刃物が直接触れることがありませんし、
医師の手が眼球に直接触れることもありません。

 

非接触で、精度の高い施術を行えるため、
感染症のリスクが激減しました。

 

 

安全・安心にレーシックを受けたいのであれば、このような、
感染症のリスクが低い「非接触」の施術メニューを選ぶべきです。

 

 

高性能な「レーシック機器」を使用する施術メニューを選べ!

 

IT技術の急速な進歩に伴い、医療機器の高性能化は、
非常に速いスピードで進んでいます。

 

レーシックに用いるレーザー機器についても同様で、
数年前の機器と現在の最新機器とでは、性能がまるっきり違います。

 

 

例えば・・・

 

  • レーザーの照射エネルギーを最小限におさえている ⇒ 角膜にやさしい
  • 高性能なセンサーを搭載している ⇒ レーザー照射の精度が高い
  • コンピューター制御の自動化が実現 ⇒ 医師のヒューマンエラーが激減

 

 

今、わざわざ古い機器を使用している施術メニューを
選ぶ理由はないと思います。

 

そのような施術メニューは、価格が安く設定されていますが、
保障も短いですし、選ぶべきではありません。

 

 

安全・安心にレーシックを受けたいのであれば、このような、
高性能な「レーシック機器」を使用する施術メニューを選ぶべきです。



品川近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック 新宿近視クリニック

私がレーシックしたのが品川近視クリニックさん。個人的におすすめです。

保証期間の長さが魅力的。全国展開で実績豊富な大手クリニックです。

リレックススマイルを受けられる先進的なクリニック。東京近郊の方は要チェック。

品川近視クリニックで施術メニューを選ぶ3つのポイント関連ページ

クリニック所在地
おすすめする理由