品川近視クリニックの評判「レーシック失敗が不安なあなたに!」

【レーシックQ&A】施術メニューのグレードの違いは何ですか?

品川近視クリニックにはいろいろな施術メニューがありますが、グレードの違いは具体的に何ですか? 何が違うから金額が違ってくるんでしょうか?

結論から言ってしまうと、施術メニューのグレードを決めるポイントは「使用するレーザー機器の種類」です。最新の高機能なレーザー機器を使用する施術メニューは価格設定が高めで、やや旧型のレーザー機器を使用する施術メニューは価格設定が安めになってるってことです。

 

少し専門的な話をすると、レーシックには大きく3種類あります。「ウェーブフロントレーシック」「フェムト秒レーシック」「レーシック」の3種類です。それぞれの特徴を、簡単にまとめておきます。

 

レーシックの種類
ウェーブフロントレーシック
グレード

★★★★★

 

特徴

いわゆる「最高級」といわれるタイプのレーシック。ウェーブフロントというのは角膜表面の歪み(ゆがみ)を解析するセンサー機器のことです。ウェーブフロントで解析した歪みのデータをエキシマレーザーに取り込むことで、極めて正確なレーザー照射を可能にしています。安全性はもちろんのこと、見え方の「質」が高いのが特徴です。

 

品川近視クリニックの施術メニュー

アマリス750Zレーシック
クリスタルZレーシック

フェムト秒レーシック
グレード

★★★★☆

 

特徴

「フェムト秒」とは「1000兆分の1秒」のことです。フラップ作成にフェムト秒間隔でレーザー照射できるレーザー機器を使用する施術メニューのことを、フェムト秒レーシックと呼びます。これによって「完全非接触」での施術ができるようになったことで、感染症などのリスクが激減しました。この機器は、ウェーブフロントレーシックでも使用されています。

 

品川近視クリニックの施術メニュー

スタンダードZレーシック
品川イントラレーシックアドバンス
スタンダードイントラレーシック

レーシック
グレード

★★★☆☆

 

特徴

いわゆる「レーシック」というのは、昔ながらの「マイクロケラトーム」でフラップを作るタイプの施術メニューです。マイクロケラトームというのは「医療用かんな」のことで、角膜を金属の刃物で切るイメージの専門機器です。費用が激安設定なのは魅力的ですが、医師が直接執刀するわけなので、技術力のある医師でないと上手に施術できないのがデメリットです。

 

品川近視クリニックの施術メニュー

スタンダードレーシック

 

あまり専門的な話をすると混乱しちゃいますが、ようするに「レーザー機器の性能の違いで価格が違うんだな!」と思ってもらえれば大丈夫です。高価格な施術メニューは品質・安全性ともに高レベルなので、予算に余裕があるならそちらを選んでおくのが無難ではないかと個人的に思います。

 

ちなみに、私がレーシックした2008年当時は、「ウェーブフロントレーシック」のメニューはまだ存在していませんでした。なので、私は当時の最高メニュー「品川エディションスーパーイントラレーシック(フェムト秒レーシック)」を選んだわけですが、今から受けるなら「ウェーブフロントレーシック」のメニューを選ぶと思います。



品川近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック 新宿近視クリニック

私がレーシックしたのが品川近視クリニックさん。個人的におすすめです。

保証期間の長さが魅力的。全国展開で実績豊富な大手クリニックです。

ICL認定の眼科専門医が多数在籍。東京近郊の方は要チェック。