品川近視クリニックの評判「レーシック失敗が不安なあなたに!」

【レーシック体験談5】以前はレーシックは危険だと思ってました

 

 

平成21年4月に品川近視クリニックでレーシックした方から体験談をご投稿いただきました。当サイト管理人がレーシックしたときは、保険会社から手術給付金をもらえました。ですが、最近は給付金だけもらってすぐ解約する事例が増えたとのことで、条件が厳しくなっているようですね。



 

私がレーシックを始めようと思ったきっかけは同僚に体験者がいたことです。その同僚にレーシックの話を聞いて、ネットで調べた時は危険なイメージが強く正直トライしてみるのが怖かったことを覚えております。ネットで記載されているのは良くなった体験談とかはあまりなく、合併症、角膜感染症、グレアなどのマイナスイメージばかりでした。

 

でもその同僚にヒアリングすると、特に後遺症のようなものもなく困っておらず、感銘を受けた言葉は「眼科医でコンタクトしている人は1人もいないよ。」という言葉でした。その同僚は女医と交際しており、その女医から色々な情報を聞いていたようです。

 

当時(2009年)、私は会社ではソフトコンタクトで生活しておりましたが、だんだんと目に入れている時間が厳しくなってきました。そして、コンタクトが異物混入していることに自覚を覚え、レーシックすることに決めました。(元々メガネをするのが煩わしくてコンタクトにしたのですが、そのコンタクトも煩わしくなってきていたところでした。)

 

私がレーシックの検査をしたのは品川近視クリニックです。決めた理由としては、品川近視クリニックで施術している人が多かったというのと、実績が多い点で選びました。値段が高いのは安全を買う(検査が少なくなるとか検査装置が安くなるリスクが怖い)という意味であまり安さを求めないようにしました。

 

両目で約17万3000円とのことでしたが、コンタクト代(年間30000円)を考えると、6年で元が取れるという考えだと高いとも思いませんでした。

 

 

そして、まず品川近視クリニックでヒアリングかつ検査を行いました。検査の際は、ハードコンタクトは検査の3週間前から、ソフトコンタクトは検査の1週間前から装着禁止となります。※目(角膜の形)が変わってしまうからだそうです。

 

メガネを使うのは煩わしいですが、正確な結果が得られないため、この期間は仕方なくメガネで会社に出勤しました。(検査は4月に実施して、施術はGW前にしてなるべくメガネで出社する期間を減らすようにしました。)

 

実際の検査装置は10個以上あり、待ち時間は長くなかったのですが、検査時間が長く3時間くらい所要したと記憶しております。検査は難なく終わりましたが、とうとう1週間後(当方ソフトコンタクト装着者のため)に施術が迫ってきました。

 

この期間はとても楽しみかつ不安な期間を過ごすことになりました。私は愛知県在中のため名古屋支店で施術をしましたが、地方の方はクリニック提携のホテルに宿泊して施術される方もいらっしゃるようです。

 

そしてとうとう施術の時間がやってきました。ロッカーに荷物を入れ、私の唯一の視界支援のメガネも置いて、手術室に向かいました。その時に白衣(も着ることになり、「いよいよだ」という反面、「怖い」という気持ちが葛藤しています。

 

当日は誓約書を書かされ失敗しても責任は取らないスタンスのように思えて不安感が増してきました。そして、手術室はクリーンルームになっていて異物が目に混入しないように気遣いされておりました。

 

いよいよ、施術が始まったその時、まずは角膜表面を削ってフラップを外しました。そして、見てみたらどうでしょう!? 視界に映るものが全てぼやけてしまいました。その時、初めて驚愕し、「もう視力回復しなくていいから元に戻して!」と心で叫んでしまいました。

 

そして、その後メインのレーザーですが、レーザーをする時にまばたきできないように、目を固定されました。レーザーがまずは右目に照射されて、そのレーザーが緑色であることは鮮明に分かりました。そして、数秒だったのが、非常に長い時間に感じました。(まばたきできずに、目が乾いてしまっているので)

 

そして、左目の番になりましたが、ちょっと顔が動いて先生に「動くな失敗したぞ!」と言われてしまいました。その時、失明したのかと心配してしまいましたが、そんな驚くことはなく視力が思ったほど回復しない程度でした。

 

当方の視力向上結果:◆右目:0.1⇒1.5 ◆左目:0.3⇒1.2
※左目が右目より少し視力が出ていません。ですが、1.2なので十分よく見えます。

 

目を開けると、視界がぼやけていましたが、徐々に鮮明に見えるようになってきました。10分もすると、これは視力が回復していることを確信しました。でも、それと引き換えに目が痛く、締め付けられるようでした。その後、点眼液として3種類渡されましたが、その中の1つが、麻酔で1時間に1度しか点眼しないように喚起されました。

 

眼科を後にして、帰路につきましたが、とにかく目が痛い!早く1時間経って、麻酔を打ちたい気分でいっぱいでした。そして、最寄駅につきましたが、普段1kmを歩いていますが、我慢できずにタクシーを使って帰宅しまいました。

 

家についてからも痛さとの戦いが続きましたが、とりあえず寝ることに専念しました。いつも以上にビールを飲んで寝るようにしました。(アルコールは特に禁止されていないと信じて飲みました)

 

 

(管理人よりひとこと) レーシックした当日はアルコールを飲んではいけません。というのも、アルコールを飲むと血液の循環がよくなるため、痛み、炎症、充血などの症状が出やすくなるからです。私がレーシックしたときはこのような注意を事前に受けていたので当日の飲酒は控えました。この体験者さんも、もう少し注意深く医師の話を聞いておけば、痛みがもう少し少なかったかもしれません・・・

 

 

そして、その日はいつもよりも早く朝4時に目が覚めましたが、いつもはめがねをかけないと見れないTVがベットに寝そべって見れることで初めてレーシックの効果を実感しました。施術日までは恐怖との戦いが続きましたが、やっとレーシックの良さを感じる事ができました。

 

そして、翌日の検査も特に問題はありませんでしたが、視力を測って向上していることを確認できました。あらためて、当方の視力向上結果をご紹介しておきます。

 

当方の視力向上結果:◆右目:0.1⇒1.5 ◆左目:0.3⇒1.2

 

その日からは、保護用のメガネ生活が続きましたがGW中なので特に人とも会わずに過ごすことができました。そこから点検が1ヶ月、3ヶ月、1年とありましたが、視力の低下、問題はなく今の快適な生活につながっております。

 

そして、快適に過ごしていた1年後にその時の上司もレーシックをしたと聞いて、レーシックの話題をしていました。その時に快適な生活をしてるよねって話をしていた時に、その上司は10万かからずにやれたという話を聞き、クエッションマークが一杯つきました。

 

その根拠を聞いてみると、どうやら会社で入っている保険で手術扱いで返金されたそうです。そういえば、レーシックのために保険に入りお金だけもらう事例が増えているからもう適応されないと聞いた記憶があり、ダメ元で会社と提携している保険会社に問い合わせをしました。

 

案の定、「もうダメです。」という回答でしたが、「2010年○○月から」と言われたので、「2009年4月はどうですか?。」と聞き返したところ、「その時期なら大丈夫です。」とのことで、色々な手続きをして10万円貰い受けることができました。

 

つまりは10万円もかからずにレーシックに成功したということです。この金額でこの快適な生活は今思ってもこの上ない最高の買い物と思って、今を過ごしております。これからレーシックを検討されている方は不安は色々とあると思いますが、成功率90%後半と言われ、残りの数%が怖いとのことですが失明することはほとんどないので、チャレンジされたらいかがかなと思っております。

 

ですが、メディアの情報から類推する限り、あまり安い所を選ばずにお金をかけて施術することをおすすめします。同僚にも片目失敗して視力が1.0未満の人もいますが、その人も生活に支障はなく私生活を送っているようです。



品川近視クリニック 神戸神奈川アイクリニック 新宿近視クリニック

私がレーシックしたのが品川近視クリニックさん。個人的におすすめです。

保証期間の長さが魅力的。全国展開で実績豊富な大手クリニックです。

リレックススマイルを受けられる先進的なクリニック。東京近郊の方は要チェック。