品川近視クリニックの評判「レーシックで失敗が不安なあなたに!」

【品川近視クリニックの概要2】施術メニュー選びについて

 

 

品川近視クリニックはメニューの種類が多すぎる?!

 

品川近視クリニックには、いろいろな施術メニューが用意されています。しかし、ここであなたは思うかもしれません。

 

施術メニューが多すぎて分かりにくいなぁ…

いったいどの施術メニューを選んだらいいの?

 

でも、その気持ち、私もよくわかります。私自身もレーシックしたときに、さんざん悩みましたし…。「どのメニューを選べばいいかわからない」というのが、ふつうの人のふつうの反応ではないでしょうか。

 

そこで、あなたがレーシック手術を受けるときに、どの施術メニューを、どういう根拠で選べばいいのかを、3つのポイントに絞ってご説明します。ざっと読んでいただいて、納得できるところがあれば参考にしてみてください。

 

施術メニューを選ぶ3つのポイント

 

【1】「グレード」で選ぶ

 

レーシックにはおおまかに「3つのグレード」があるのをご存知でしょうか? 3つのグレードとは「マイクロケラトーム使用のレーシック」「フェムト秒レーザーレーシック」「ウェーブフロントレーシック」です。それぞれご説明しますね。

 

サンプル画像は公式サイトより引用

 

1−1.マイクロケラトーム使用のレーシック

マイクロケラトームというのは、”かんな”みたいなイメージの医療用の刃物です。刃物がスライドして角膜表面の薄膜を剥ぐようなイメージです。(料理をされる方でしたら、キャベツの千切りなど作るときのスライサーなどをイメージすると分かりやすいかもしれません。)

 

初期のころのレーシックでは、このマイクロケラトームを使って「フラップ」を作っていたそうです。品川近視クリニックでは「スタンダードレーシック」という名前で今でも残っています。

 

お値段が安いのが魅力的に感じますが、手元の細かい作業が必要で、医師の個人的な技量レベルで仕上がりに差が出てしまうのがデメリットです。あと、眼球に刃物が直接触れるので、衛生管理の問題も出てきます。最近ではほぼ行われていない術式と思っていいでしょう。

 

1−2.フェムト秒レーザーレーシック

「フェムト秒」というのは1秒の0.0000・・・0001倍(書ききれないほど)の小さな時間間隔のことです。つまり「フェムト秒レーザー」というのは、そういったすごく短い時間間隔でレーザーを照射することができる機器だということです。

 

フェムト秒レーザー機器は「フラップ」を作るのに利用されます。従来はマイクロケラトームを使っていた作業工程を、フェムト秒レーザー機器で行うようになったということです。

 

 

 

マイクロケラトームには医師の技量レベルに品質が左右されたり、衛生管理の問題がありました。そういったマイクロケラトームのデメリットが、フェムト秒レーザー機器の登場で解決されたわけです。

 

ちなみに、品川近視クリニックだと「品川イントラレーシックアドバンス」などがフェムト秒レーザーレーシックのメニューになります。

 

1−3.ウェーブフロントレーシック

「ウェーブフロント」というのは、角膜表面の凹凸(ゆがみ、ひずみ)を計測できるセンサーのことです。角膜の表面にはゆがみがあって、ひとりひとり全く状況が違います。

 

その凹凸やゆがみの程度がひどいと、乱視の原因になるなど「見え方の質」が低下することが知られています。そういった凹凸やゆがみを、ウェーブフロントで計測することにより、屈折矯正の精度を高めることができるわけです。

 

 

ということで、現在のレーシックの主流は「フェムト秒レーザーでフラップを作成」し、「ウェーブフロント対応エキシマレーザーで屈折矯正」するメニューです。

 

ちなみに、品川近視クリニックだと「アマリス750Zレーシック」などがウェーブフロントレーシックのメニューになります。

 

最近はウェーブフロントレーシックを選ぶケースがほとんどだと思いますが、それなりにお値段も高くなってしまいます。

 

乱視がある場合はウェーブフロントレーシックがいいと思いますが、乱視がない場合はもう少しリーズナブルなメニューを選んでもいいかもしれません。

 

このあたりのことは、適応検査を受けてドクターと相談するのが一番いいと思います。自分勝手に判断せずに、専門家の意見を聞くようにしてください。

 

 

【2】「保証期間・保証内容」で選ぶ

 

レーシックは手術なので、リスクがゼロではありません。だからこそ、安全性に関わる項目については、しっかりチェックしておく必要があります。

 

安全性に関わる項目としては、さきほどご説明した「どのグレードの施術メニューを選ぶか?」というのがひとつ。そしてそれ以外には「保証期間は何年か?」も大切なチェック項目になると思います。

 

保証期間中の保証内容(例)
  • もし、視力が低下した場合でも再矯正が無料で受けられる
  • もし、眼の調子が悪い場合には検診が無料で受けられる
  • もし、不安に思うことがあれば電話・メールによる相談を受けられる
  • もし、目薬・内服薬が必要になった場合でも無料で処方してもらえる

 

上記は一例ですが、もしレーシック後に調子が悪くなったとしても「無料」で面倒をみてくれるというのが一般的な保証内容になります。

 

保証期間はどの程度あればいいのか?

 

レーシック後に調子が悪くなったときに「無料」で面倒を見てくれるのが「保証内容」ですが、では具体的にどの程度の「保証期間」なら十分だと言えるでしょうか?

 

無料保証は企業の利益を圧迫する

 

まず「そもそもの話」をします。それは何かと言うと「クリニックは無料でサービスをしたくない」ということです。品川近視クリニックがどうだという話ではなく、一般の企業でも同じです。

 

営利目的で運営している企業であれば、無料でサービスするなどということはやりたくありません。なぜならコストばかりが発生してしまい、企業が存続できなくなってしまうからです。

 

これはレーシックのクリニックについても同じこと。「無料」で保証するというのは本来なら収益を圧迫する行為です。だからこそ、本来なら無料保証など付けたくないのがホンネではないかと思うわけです。

 

ではなぜ無料保証を付けているのか?

 

しかし、品川近視クリニックは「無料保証」を付けています。付けたくない(?)けど付けてるわけです。しかも、例えば「アマリス750Zレーシック」などでは「10年」の長期保証を付けています。これはつまり何を意味するのでしょうか?

 

 

10年の無料保証を付けているということは、「10年間の無料保証を付けたとしてもクリニックの運営に支障がない」と判断しているということです。

 

つまり、10年の間に実際に無料でサービスする件数が十分に少ないと判断していて、10年の保証をつけても大丈夫だという経営判断をしているわけです。その施術メニューの品質に自信があることを示しているわけです。

 

レーシックの保証期間については、長ければ長いほど「クリニックがそれだけの自信を持っている」ことを示しています。なので、なるべく保証期間が長いメニューを選んでおくと安心ではないかと思います。

 

ただし、予算との関係もあると思います。いわゆる「費用対効果」という部分です。これについてはドクターと十分に相談していただいて、自分が納得できるメニューを選ぶことが大切になってきます。

 

 

【3】「医学的根拠」で選ぶ

 

レーシックは医学的な治療行為なので、ドクターの「医学的判断」というものが重要です。目の状態はひとそれぞれで、ひとりひとりに合った治療法(逆に合わない治療法)というものがあるからです。

 

私たち一般人は医学的な知識がないため、値段とかだけ見てなんとなくメニューを選びがちです。しかし医学的な判断から「あなたにはこのメニュー」というのが自動的に決まってくるケースもあるということです。

 

 

例えば「角膜の厚さ」から判断

 

適応検査を受けると、自分の角膜の厚さが計測データとして出てきます。それをドクターが見て、「この人は角膜の厚さが足りないからレーシックできない」などという判断をします。

 

そして、「レーシックはできないけど眼内コンタクトレンズICLならできそうだな」とか、医学的な判断からその人に合ったメニューを提案してくれたりするわけです。ここが重要なところです。

 

適応検査を受けないと何も判断できない

 

結局のところ、施術メニューを選ぶためには「適応検査」を受けないことには何もわかりません。データがないことには、どの施術メニューが自分に合うかなど判断できないわけです。

 

だからこそ、レーシックに興味があるなら、まずは適応検査を受けてみてください。検査を受けたうえで、ドクターの医学的な意見を聞くようにしてください。

 

施術メニューの選び方について、3つのポイントをお話ししました。いかがだったでしょうか?

 

品川近視クリニックではいろいろな施術メニューがあって、どのメニューを選べばいいか悩んでしまうと思います。そんな場合には、この記事を何度か読み直していただいて、自分なりに「これがいいかも?」というのを決めてみてください。

 

いずれにしても、最終的には適応検査を受けて、ドクターのカウンセリングを受けてからメニューを決定することになります。なので、さっそく適応検査に申し込みをしてみてくださいね。

 

検査・カウンセリングの予約はこちら