品川近視クリニックの評判「レーシックで失敗が不安なあなたに!」

【品川近視クリニックの概要3】主なサービス内容

 

 

品川近視クリニックのサービス内容について

 

品川近視クリニックといえば「レーシック手術」というイメージかもしれません。しかし、品川近視クリニックにはレーシック以外にも、いろいろなサービス(サービスという言葉が適切かどうかわかりませんが)を行っています。

 

目次

 

【1】近視の治療

 

近視の治療はレーシックが有名ですが、品川近視クリニックではレーシック以外の近視治療法もいろいろやっています。ひとりひとりの目の状態やライフスタイルに合わせて選ぶことができるというわけです。

 

1−1.レーシック

 

まず最初は「レーシック」について簡単にまとめてみましょう。レーシックの基本的な流れは、フラップを作って、フラップを開いて、そこにエキシマレーザーを照射して、フラップを元に戻すというものです。

 

 

 

 

レーシックについては他のページで詳しく説明しているので、もっと詳しく知りたい場合にはそちらをご覧ください。例えば次のページなどが参考になるかもしれません。

 

 

 

 

レーシックについてはこのくらいにしておいて、品川近視クリニックの「他のメニュー」について見ていきましょう。もしよかったら公式サイトもいっしょに参照していただけるとわかりやすいと思います。

 

1−2.眼内コンタクトレンズICL

 

最近人気が高まってきているのが「眼内コンタクトレンズ」です。角膜と水晶体の間のスペースに専用のレンズを挿入して近視矯正するやり方です。

 

 

 

 

眼内コンタクトレンズICLは「レンズを入れるだけ」なので、レーシックのようにレーザーで角膜を痛めません。なので、術後の炎症や痛みが少なく、回復も早いと言われています。

 

眼内コンタクトレンズICLはお値段が少々高いですが、いろいろなメリットがある魅力的な治療法です。目の負担が少しでも少ない近視治療法を探している場合には、選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

 

※より詳しい内容を別記事で説明しています。興味があれば参考にしてください。

 

 

1−3.リレックススマイル

 

眼内コンタクトレンズICLは「外からレンズを入れる発想」の近視治療法です。一方で、「中から出す発想」の近視治療法もあります。それがリレックススマイルです。

 

 

 

 

リレックススマイルはフラップを作らないので、術後の回復が早いと言われています。フラップによる副作用(術後の炎症、ハロー・グレア、ドライアイなど)を少しでも避けたい場合には、リレックススマイルが選択肢のひとつになると思います。

 

1−4.ラゼック、エピレーシックなど

 

ICLやリレックススマイル以外にも、ラゼック、エピレーシック、フェイキックIOLなど、いろいろな近視矯正法があります。

 

これらは、例えば角膜が薄い人に向いている術式であったり、格闘技などの激しいスポーツをする人向けであったり。目の症状やライフスタイルに合わせて選べるものです。

 

品川近視クリニックには、レーシック以外にもいろいろな施術メニューがあります。それぞれに特徴がありますし、目の症状などによっては向き不向きもあります。

 

なので、適応検査で得られた検査データをもとに、どのメニューを選んだらいいかをドクターとしっかり話し合ってみてください。自分自身で納得できるメニューを選ぶことが大切です。

 

 

【2】老眼の治療

 

品川近視クリニックでは老眼の治療も行っています。老眼治療の方法はいくつかあって、「モノビジョンレーシック」「レインドロップ」「カムラインレー」などと呼ばれる方法が一般的です。

 

このなかで、品川近視クリニックで採用しているのは「カムラインレー」という老眼治療法で、ピンホール効果を利用した治療法になります。(品川近視クリニックでのメニュー名称は「リーディングアイ」です。)

 

カムラの画像は公式サイトより引用

 

「リーディングアイ(カムラインレー)」について詳しく知りたい場合は、品川近視クリニックの公式サイトを見ていただければ手っ取り早いです。図解付きで詳しい説明が載っているので参考にしてください。

 

リーディングアイについては公式サイトにお任せするとして、ここでは一般的な「老眼治療のメカニズム」について説明してみたいと思います。

 

老眼治療のメカニズムとは?

 

老眼治療の基本は、左右の目の「焦点距離」に差をつけることです。例えば、「遠くは見えるけど近くが見えにくい」ということであれば、片方の目(例えば左目だけ)にカムラなどを挿入して近くが見えるようにします。

 

この状態だと、右目は遠くに焦点が合いやすく、左目は近くに焦点が合いやすくなっています。つまり、遠くを見るときは右目を使い、近くを見るときは左目を使うわけです。

 

 

左右の見え方に差が出てしまうため、施術後しばらくは違和感を持つことも多いそうです。ですが、数ヶ月(一般に3ヶ月程度)たつ頃には脳が慣れてきて、違和感なく生活できるようになると言われています。

 

もちろん見え方の程度や違和感の程度については個人差があると思います。どうしても慣れない場合には、医師と相談していただいて、カムラを外してしまうなどの対処をすることになります。

 

もし近視の人が老眼になったら?

 

ここであなたに質問です。もし「近視の人が老眼になったら」どうすればいいかわかりますか? ちょっと考えてみてくださいね。

 

では答えを言います。答えは「片方の目にカムラを装着して、もう片方の目はレーシックする」というやり方で治療すればいいです。カムラで老眼の症状を治療して、レーシックで近視の症状を治療するわけです。

 

品川近視クリニックには、毎日いろいろな症状の患者さんがやって来ます。それらひとりひとりに合わせた治療が行われていて、いろいろな事例のノウハウが蓄積されています。

 

なので、見え方になんらかの不満を持っている場合には、まずはドクターのカウンセリングを受けてみることが大切です。自分では想像もしないような有効な方法を教えてもらえるかもしれないですよ。

 

 

【3】白内障の治療

 

白内障は目の中の「水晶体」が白く濁ってくる症状です。加齢にともなう症状なので、長生きする現代人にとって、程度の差はあれ「避けられない症状」とも言われています。

 

白内障治療のメカニズムは?

 

白く濁ってしまった水晶体は、元に戻すことができません。ではどうするかと言うと、濁ってしまった水晶体を撤去して、代わりに「人工のレンズ」を装着します。

 

 

このサイトをご覧の方には、まだ必要のない手術かもしれません。ですが、中高年になってくると少しずつ症状が進行してくるらしいので、将来的にお世話になる人も少なくないんじゃないかと思います。

 

早め早めにお医者さんに相談しましょう

 

ここで知っておいていただきたいのは、白内障は手術で治せるということ。将来的に見え方に不満が出てきた場合には、なるべく早めにお医者さんに相談するようにしてください。

 

【4】飛蚊症(ひぶんしょう)の治療

 

飛蚊症というのは、視界に黒っぽいものが点々と見える症状のことです。原因は硝子体の中に「シワ」や「濁り」などが生じていて、それが影になってしまうことです。

 

 

そこで、そういった影の原因になってしまう部分にレーザーを照射して、分散させる処理をします。すると、影が薄くなって見え方の質が向上するというわけです。こんなことができるなんて、レーザーというのはすごいものですよね。

 

 

レーザーはレーシックだけではなくて、通信、材料加工、センサー、ディスプレイ、医療・美容などなど、いろいろな分野で活用されています。レーザーって私たちの生活に欠かせないものだなーとあらためて思います。

 

品川近視クリニックで行われているサービス(治療)の内容についてまとめてみました。いかがだったでしょうか?

 

品川近視クリニックはレーシックだけじゃありません。近視の症状だけではなくて、何か「見え方」に不満がある場合には、検査やカウンセリングを受けてみてください。何か解決策を提案してもらえるかもしれないですよ。

 

検査・カウンセリングの予約はこちら