品川近視クリニックの評判「レーシックで失敗が不安なあなたに!」

【Q&A】手術の翌日から自転車に乗る場合の注意点

通勤で自宅から駅まで自転車を使うんですが、レーシックした翌日から自転車に乗っても大丈夫でしょうか? それとも、しばらくは自転車に乗らないほうがいいでしょうか?

翌日から自転車に乗るのはかまわないと思います。

 

ただし、注意したいことが2つあります。

 

自転車に乗るときの注意点1
フラップがズレたりめくれたりしないか?

 

自転車に乗っていると、顔に強い風を受けることになります。

 

そのため、強い風でフラップがめくれたりする可能性はあると思います。

 

また、自転車で飛ばしていると、周囲に気をつける必要がありますよね。

 

すると、無意識的に眼球をキョロキョロ動かしたりするはずです。

 

そのときに、フラップがズレたりシワになったりする可能性があると思います。

 

自転車に乗るときの注意点2
目にゴミが入らないか?

 

強い風を受けるということと関連して、目にゴミが入る可能性が高いような気がします。

 

歩いてるときなら、目にゴミが入ってもすぐに目薬をさせばいいです。

 

しかし、自転車に乗ってるときにゴミが入ると、車道を走ってるときなど、すぐに目薬をさせないこともありますよね。

 

そう考えると、翌日から自転車に乗るなら、十分に注意しないといけません。

 

対策は、クリニックでもらうメガネを使うこと

 

翌日から自転車に乗ってもいいですが、少なくとも最初の一週間は、クリニックでもらうダテ眼鏡を使ってください。

 

 

この眼鏡は風が入り込みにくいデザインになっているので、目に直接風を受けるリスクがかなり低くなります。

 

つまり、目にゴミが入るのを防ぐ効果が高いです。

 

あとは、なるべくゆっくり走って、眼球をキョロキョロさせない乗り方をしてください。

 

ダテ眼鏡は、一週間検診で問題なければ、それ以降は使わないでいいと思います。

 

このあたりは医師と相談してみてください。

 

いずれにしても、術後しばらくは患部が安定してないので、なるべく気をつけるようにしてくださいね。

 

手術翌日から自転車に乗っていいかどうかについてお話ししましたが、いかがでしたか?

 

レーシックしてしばらくは不便に感じることもあるかもしれません。ですが、術後1週間程度は特に大切な期間です。できる限りの注意をしてくださいね。

 

検査・カウンセリングの予約はこちら