品川近視クリニックの評判「レーシックで失敗が不安なあなたに!」

【Q&A】ぶっちゃけどのメニューがいいんですか?

2〜3年前からレーシックに興味があって、毎月少しずつ貯金してきたのですが、ようやくお金も貯まってきたのでレーシックを受けたいと考えています。

 

クリニックについては、自分なりにいろいろ比較検討して品川近視クリニックなら大丈夫じゃないかと思っているのですが、今悩んでるのがどのメニューを選ぶべきかということです。

 

一応35万円ほど貯金はあるので、アマリス750Zレーシックを選ぶこともできるとは思うんですけど、もう少し安いメニューでもいいのかなと思って最終的に決めかねています。レーシック経験者の意見としては、品川近視クリニックならぶっちゃけどのメニューがいいと思いますか?

私がレーシックしたときは、当時のメニューで「品川エディションスーパーイントラレーシック」という施術メニューを選びました。

 

ちなみに、このメニューは今はありません。

 

今の施術メニューでいえば「品川イントラレーシックアドバンス」などと同等レベルのメニューになるのではないかと思います。

 

お金だけで決めるのは間違い

 

品川近視クリニックでは、いろいろなプランが用意されています。

 

そのため、どのメニューがいいのか悩んでしまうのが普通だと思います。

 

ここでひとつ言えることは、お金だけでメニューを選ぶのは間違いだということです。

 

高ければいいというものでもないですし、安ければいいというものでもありません。

 

費用対効果のバランスを考えて、自分に合ったメニューを選ぶことが基本になります。

 

費用対効果のバランスを考えたメニュー選びとは?

 

では、具体的にどのようにしてメニューを選ぶか説明します。

 

1.自分の目に関するデータを集める

 

まず最初に必要になるのは、「自分の目の状態が今どうなのか?」というデータです。

 

なぜなら、目の状態によって、選べるメニューと選べないメニューがあるからです。

 

なので、まずは適応検査を受けてみないことには始まりません。

 

検査を受けて、ドクターに診察してもらって、今の目の状態を確認する必要があるわけです。

 

2.医学的根拠のある判断をもらう

 

自分の目の状態に関するデータがそろったら、次に重要なのが「医学的根拠のある判断」です。

 

つまり、ドクターの考えを聞くことが大切だということです。

 

例えば、角膜表面の凹凸が大きい場合には、高次収差というものを補正できるメニューを選ばないといけません。

 

あるいは角膜の厚みが不十分な場合には、レーシック以外の近視矯正手術を選ぶ必要があるかもしれません。

 

こういったことは、私たち患者が、素人考えだけで決められるものではないです。

 

3.予算の範囲でどのメニューを選ぶか最終判断

 

自分の目のデータを集めて、ドクターに選択肢を教えてもらったら、あとは予算の範囲でどれを選ぶか自分で判断しましょう。

 

そのためにも、それぞれのメニューの特徴について、ドクターからしっかり説明を受けてください。

 

そして、お金に余裕があるなら、ドクターが示してくれた選択肢の中で、最も高額なメニューを選べばいいでしょう。

 

一方で、お金に余裕がないなら、最も安いメニューを選んでもいいと思います。

 

一般的には、ドクターが示した選択肢の中で「中間」のメニューを選ぶのが、費用対効果のバランスがいい選び方になります。

 

以上を整理すると次のような流れです。

 

【1】適応検査を受ける

【2】自分の目のデータを集める

【3】ドクターに医学的判断をしてもらう

【4】選べるメニューの選択肢を教えてもらう

【5】予算に合わせて自分で判断する

 

このような手順で、自分に合ったメニューを選んでください。

 

私自身が受けた施術メニュー以上であれば大丈夫では?

 

さきほども言いましたが、私が選んだメニューは「品川エディションスーパーイントラレーシック」(今はありません)というものです。

 

このメニューを受けてどうだったかというと、普通に視力回復しましたし、現在まで特に問題は起きていません。

 

なので、このメニューと同等以上のメニューであれば、技術的な問題はないと思います。

 

参考にしてみてください。

 

品川近視クリニックのメニューで、どれを選ぶといいかという話をしました。いかがでしたか?

 

レーシックは料金が高いので、ついついお金のことばかりが気になってしまうと思います。ですが、自分の目の状態によって選べるメニューも違ってくるので、お金だけで考えるのはやめてください。

 

いずれにしても、適応検査を受けてみないことには何も判断できません。検査を受けて、ドクターと話をしてみてください。

 

検査・カウンセリングの予約はこちら