品川近視クリニックの評判「レーシックで失敗が不安なあなたに!」

【Q&A】術前の麻酔は痛いですか?

レーシックに興味はあるのですが、手術ということで痛みに対する恐怖感みたいなものがどうしてもあります。

 

レーシックの術前に麻酔をするとは思うのですが、その麻酔自体が痛くないかとか、麻酔の効果がちゃんとあるのかどうかなど、実際に経験されてみてどうだったでしょうか?

結論から言いますと、レーシックの手術中は痛くありません。

 

少なくとも私自身がレーシックしたときには、痛いと感じる場面は一度もなかったです。

 

当時のことを思い出しながら、ひとつずつご説明したいと思います。

 

【1】術前の麻酔について

 

術前の麻酔が痛くなかったかというご質問ですが、おそらく「注射」による麻酔をイメージされているのかなと推測いたします。

 

ですが、実際には注射をするわけではなくて、「目薬」を両目に1滴ずつさすだけのことです。

 

レーシックの施術をする部屋に案内される直前に、薄暗い部屋で看護師さんと思われるスタッフさんが、麻酔の「目薬」をさしてくれます。

 

そのままレーシックの施術をする部屋の前に案内されて、前の人の施術が終わるのを数分間待って自分の番になったときにはすでに麻酔が効いています。

 

【2】施術中の痛みについて(その1)

 

レーシックの手術室に入ると、レーシックの施術機器のシートに横になるように指示されます。

 

そして、施術機器を定位置にセットするときに、眼球が動かないように固定するための「アタッチメント(?)」みたいなのを装着されます。

 

このときに眼球を押し付けるような感じになるため、ちょっと痛かったという感想を持つ方がまれにいらっしゃるようです。

 

私個人の感想では痛みはなかったですが、敏感な方だと「おおおぉぉぉ」とパニックみたいになって、怖かった(=痛かった)という感想になるのかなと思います。

 

【3】施術中の痛みについて(その2)

 

その後、実際にレーザーを照射する段階になると、ちょっと怖さはありますが、痛みというのは感じなかったです。

 

麻酔が効いている限りは、基本的には痛くありません。

 

麻酔というのはそういうものではないでしょうか?

 

【4】術後の痛みについて

 

別のページでもお話ししていますが、レーシックの術後、麻酔が切れてきてからが少し痛いです。

 

これについては、そちらのページを参照してみてください。

 

 

 

 

レーシックの麻酔についてお話ししましたが、いかがでしたか?

 

レーシックの痛みは、麻酔が切れてからが本番です。手術中は麻酔が効いてるので、痛みを感じることはないと考えていいです。

 

術後の痛みについては、痛み止めのお薬で対応することになります。ただし、痛み止めのお薬は麻酔ではないので、ゴロゴロとした違和感は丸一日くらい続くと思ってください。

 

痛みがどうしても苦手な人は、ドクターに事前に相談することをおすすめします。

 

検査・カウンセリングの予約はこちら